お知らせ・ご挨拶 学習

疑似体験=思考の場

こんにちは。理科・数学専門の高松高校、高松一高など県内トップ高校合格を目指す、県立上位高受験専門塾iFORUMです。点数を効率的に上げるための、今回は第3回です。

前回は疑似体験という話でした。

毎回テストをするというのも時間的その他ものもろありますので効率的ではありません。

そこでテスト環境に近い状態を作ってあげることです。

それは「思考の場」です。

学力の定着はテスト時に効力を発揮します。

テストのときは何していますか?

そうです。しっかり考えていますね。

その考えるというのが脳にインパクトを与え、そして数ある脳内の引き出しのよく使う方へと整理してくれるのです。

では、その「思考の場」は何か特別なこと,教材が必要なのでしょうか。

正直特に必要ありません。じっくり根気よく考えるという習慣を持つことです。

※語弊があるといけませんので補足です。専用の教材は効率よく思考するために考え出された教材ですので、きちんとやれば効果は出ます。

思考力講座とか●×パズルとか、よく読むと、指導時には答えを教えることはありません云々等書いてありますよね。要は自分でしっかり考えることが大事なんだよと言っていることです。

もう少し例えるなら、ダイエットサプリ面とのCMや広告の下の方に小さな字で共通して書いていませんか。

「結果には個人差があります」

ではなく、

「適度な運動と食事のもと、、、」って。

なんでそこを小さくする必要があるのでしょうか。

考えてみればもうお分かりですよね。

適度な運動と食事 で 必ず痩せるんです。

※そういう僕も2ヵ月で30kg減に成功しています。

そして、そのサプリを摂ると、相乗効果で痩せやすくなる(個人差あるけどね)という感じかな。

かなり話がそれてしまいました。が、お時間のようです。

続きは次回。

県立上位高受験専門塾iFORUMでは2021冬期講習を受け付けております。

ご興味のある方は送料無料でお送りします。お問合せ下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です