学習

コツコツ派が伸びる

一夜漬けで対処できるのは!?

一夜漬けで対処できるのは、定期テストぐらいでしょう。範囲は限られているし、もっと言えば出る問題までもわかっているのだから。だから、当然部活動で日々の学習ができない(しない)学生にとっては、効率のよい学習手段になるわけです。

ですが、立ち止まって考えてみてください。

実力テストや校外模試で点が取れていますか?

ほとんど(偏見かもしれませんが)の人は点が取れていないでしょう。ですが、一度一夜漬けに味をしめてしますと、勉強スタイルが一夜漬け用になってしまいます。

結果、受験学年になり、受験勉強し始めた時に、勉強の仕方がわからない。一度やったことが理解できていない。ただただすべきことが膨大となって途方に暮れてしまう。

人間の脳は忘れるための仕組みを備えています。そのため、覚えるためには反復していくしかないわけです。

一夜漬けというスタイルは脳の仕組みにはがっちりはまるわけです。が、すぐ忘れてしまうのです。

ですから、実力テストや模試ではなかなか点が取れにくい。

当然、高校受験と違い、受験学年の年で受験勉強を始めたのでは遅いのです。

各教科の学習量は半端ではありませんからね。

コツコツ学習を進めてきた人が、有利になるのはわかっていただけるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です