学習

早く解くことに焦点を置くと、、、

別に悪いわけではないけれど、、

早く解くことは悪ではないし、むしろ入試や試験を考えた場合、時間制限がつきものなので、当然早い方がいいのである。ですが、数学ができない者に限って(点が取れない)早く解こうとする習性がある。

小学生の時は、九九とかがそうであるが、早くできると褒められる。その褒めが尋常じゃないくらいの褒めなので、早くできないとダメなんだという印象を植え付けてしまっているのだ。

そうなると早く解くためにはどうすればいいか。

簡単ですよね。

途中式をかかない。頭の中で計算する。

となるわけです。

途中式をかかない結果

途中式をかくことは早く解くためには無駄なこと=時間の無駄という刷り込みが起こる。

その結果、小4,5年生の工夫して計算しようの単元でびっくりするくらいの点数をたたき出す。

(4-3)×3=4-3

      =1

      =1×3

      =3

なんて書いて×をくらうわけである。

そして、その代償が中学数学に現れる。

方程式が解けない,文章題が解けない

文字を含む計算でミスをする。

彼らの共通点は途中式をかかない。書いたとしても、途中の部分的な計算やひっ算のみ。

結果、どこでどんなミスをしたのかが客観的に理解できない。

そうなると何回やっても無駄なのである。

へんなプライドは捨ててしまうと楽

もうひとつ。頭の中でパパっと計算できることが頭の良さであると考えている場合、

途中式なんかをかくことは恥である(極論ですが)と思っている場合が多い。

だから、意地でも途中式をかかない。教科書や学校で教わったような解き方をせず、

変な我流を通して解こうとする。

学問の基本は真似ることです。

そんなプライドははやく捨てて真似てみることです。

点数なんかすぐに伸びるのにね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です